違い | 風俗の熟女ホテヘルは他にない魅力がある

違い

通常のマッサージ店と風俗のマッサージ店の違いについて紹介します。

違いというのは「ヌキ行為があるあないか」です。
通常のマッサージ店ではリフレがメインとなります。そのため、ヌキ行為はありません。女性を指名することも出来ません。女性に軽く触るだけでもNGです。

風俗のマッサージ店であれば、通常のマッサージに加えて手コキをメインをするサービスでヌキ行為をしてくれます。プレイをする女性を指名することが出来ます。

回春マッサージ店には大きく3つの種類に分けることが出来ます。それぞれのプレイ内容は同じですが受付方法が異なります。
それでは、どういったっ種類があるのか紹介します。

・受付型
店舗型というわけではなく、受付所のみ設置されているお店です。受付を済ませてホテルでサービスを受けることになります。

・出張型
受付所がないので、電話やネットから利用予約を行います。ホテルや自宅に女性を呼ぶことが出来ます。デリバリーヘルスと同じ仕組みであることから、デリバリーエステと呼ばれています。

・待ち合わせ型
電話やネットで受付を行い、駅や施設前で待ち合わせをしてからホテルに移動するものです。手をつないで外を歩くことでデート気分を味わうことが出来ます。

用途に合わせて使い分けることが出来ます。

風俗のマッサージ店では、様々な種類のサービスがあります。利用するサービスによって得られる興奮や快感が違います。
それではどういったサービスの種類があるのか、主な種類について紹介します。

・オイル
オイルを使用して全身の筋肉をなでます。使用するオイルはアロマオイルを使用している場合もあります。アロマによるリラックス効果を得ることが出来ます。せず角後半は、下半身を中心としたサービスが行われます。

・パウダー
ベビーパウダーを使用したものです。パウダー独特の感触でサービスを受けることが出来ます。

・リンパ
全身にあるリンパ器官を刺激することで、リンパ液の流れを良くします。体内の老廃物、疲労物質を排出します。ソケイ部(股関節)を刺激することでリンパの流れが良くなるだけではなく、興奮と快感を得ることが出来ます。